自分が生み出したものの金額の付け方

難しいですよね~~~~

 

自分が生み出した1点ものの金額設定について
自分の言葉で話せるようになるまで
突っ込みどころ満載な道をだどってきました。

 

そんな話を、デザフェスに出ていた頃の写真とともに
書いてみようと思います。

 

 

私の場合、ここでも【違和感】がキーになってきます。

 

 

わだの氏は、活動初期、デザフェスに初めて出た時

ポストカード(印刷)150円
ポストカードサイズの原画250円

で販売した人です・・・・

 

それも自分の感覚で決めました。

 

いま、目がまんまるになったあなたの姿が見えました(笑)

 

 

 

活動し始め、イベントに初めて出た時の金額設定は
今だったら、もう突っ込みどころ満載なのですが
その時は、『原画だから印刷より高くしよう』
っていう感覚だけでした。

 

私にとっては【描ける】のは当たり前のことだったので
『いくらでも描けるし♪』というので
その当時は【価値】とか一切考えていませんでした。

 

でも、自分で決めてやっていったことで
学びながら吸収していったことはいっぱいありました。

 

この値段設定についても

デザフェスで、原画を買ってくれたお客さんに

『ねえ、原画がこの値段は、買うのが申し訳なくなるよ。ちゃんとデータも取ってる?』

と心配されてしまいました。

 

もちろん、データも取っていません。(堂々と言うな 笑)

 

いつでもいくらでも描けるしと思っていたし、
それが私の中では普通のことだったので。

 

こうやって書いているとよく見えてくるけど
本当に当時は、その気持ちの割合が大きかったんだろうね。

【いくらでも描ける】っていう。

 

 

そこから、データもきちんととるようになりました。

デザフェスは、かなり長いこと出展し続けたけど、
本当にいい学びの場だったなぁと思います。

めちゃくちゃ楽しかったし。

 

そんな私も、原画がこのお値段ではいけないんだと学び、
最初は、まずは1000円から、2000円から3000円からと
金額を付けて販売していました。

それもこんな金額つけていいのかな・・って思いながら。

 

 

『絵を描けてすごいね』
『絵を描ける人って本当に尊敬する』
『わだのさんに憧れています』
『癒される』
『惹かれる』

そんな言葉をよく言われるようになって

『描けることが私の中のデフォルト』から、
ここに価値があるんだというところに来るまで

どれくらいかかったんだろう。

『そうなの?え~みんな描けるよ~』って
最初はやっぱり思っちゃってたんですよね。

 

 

今では、1点ものの価値について書いたりするけど

いくらに設定したらいいんだろうって思ったり

自分には当たり前にできるけど
他の人にとってはすごいことに見えるんだ・・・
という部分に気づたり

私も通ってきた道です。

 

 

 

今の私の1点ものの値段があがっているのは、

自分に投資して、
経験と実績を積み重ねてきた、
成長があって今の作品を生み出せている

その”価値”と”技術”を提供しているからです。

 

だから、原画が安すぎるよ!と関係者にいまだに言われるし
高い!と思う人ももちろんいます。

 

自分の想い、
癒しの力、
ぐったりするほどの自分のエネルギー

が作品に乗り移ることを考えたら

1点ものが高いのは不思議ではないと思っています。

 

 

それは、自分がお客さんになって、
好きな作家さんの1点ものを買うときもそう思う。

 

 

これは、作品を販売するだけじゃなく
絵(デザイン)を提供するというときも同じです。

 

自分の経験値や技術に見合ってない価格は、
自分を客観的に見る必要があるけど

生み出すものの価値を大切にしてほしいなと
私は常に思っています。

 

 

自分が生み出すその価値を一番大切にしていなかったのは、
何を隠そう過去の私自身ですが、今は大切にしています(*^▽^*)

 

で、その【生み出す価値】を前提に

私は、作品に値段を付ける時、自分の違和感で決めます。

 

このくらいかな?という価格をだしてみて、
違和感を自分の中に見ます。

しっくりくるまで考えます。

 

 

一回価格を設定してみて

『このくらいの価格かな?』と自分に問いかけて見て

う~ん、なんとなく安いかも
ちょっと高いかも

こういう感覚が出てきたら、
自分と対話してしっくりくるところで決める。

決めたら、それでいい。

 

 

高い、安い、は1人1人の感覚の問題なので
高い!って言われても誰が悪いわけじゃないし
否定されたわけでもない。

その人にとってはただ高いだけ。それだけ。
(でも、高い!ってわざわざ言われると悲しくはなる。思うのはいいから心の中でお願いしたいことではあります・・・・)

 

 

自分が生み出した1点ものは、
自分の中にしか基準はないんだと思うんです。

 

メーカーさんと一緒に作る【商品】の価格は、
市場価格もあったりするから、また別の話。

 

 

最初に話した
『描けることが私の中のデフォルト』
『いくらでも描けるから』
っていうところに通じるのですが

自分の中で”あたりまえにできること”は、他の人にとっては
”価値のあること”でもあります。

 

無理しなくてもできること
あたりまえのようにできること

は、自分の才能を見つけるうえでキーポイントになります。

 

 

私はもともとがポンコツなので、

【描けること】が当たり前すぎて
初期に原画を250円で売る

という今となってはネタとして笑えるポンコツぶりを発揮したわけであります(笑)

 

でも、全部自分で決めてきたことなので
恥ずかしくもないし、後悔もありません♪

 

続けてきて、実感していることは

自分で決めること
行動すること
続けること
チャンスは絶対掴む気持ちでいること
目の前の1つを一生懸命やること

これらは、とても重要だと思います。

 

 

その上で、願いは強く想えば叶うんだと信じること。

 

ちなみに、強く想う【だけ】では叶いません。
強く想えば、行動に結びついていくから、叶うんです。

 

【強く想えば(行動につながるから)叶う】なんです。
真意は♪

 

 

作品に、強く願えば行動につながるので叶う

なんてそのまま描いたら

作品の世界観がぶっ壊れるので
描いていないだけです。

自分の中にある、【願いを叶えるちから】は、【行動】です。

 

 

わだの氏は、目に見えないことも大切にしているし
たまに不思議なことも書くけど、
ふわふわスピリチュアルは、あまり好みません。

 

不思議な経験もしてきているので
目に見えない色々は本当にあると思っています。

 

だけど、行動して願いを叶えてきた、
行動したからこそ協力者が現れて一緒に願いを叶えてもらった
という実感も同時に持っているので

 

【行動】ありきで、目に見えないちからも信じています。

 

物事はベストなタイミングでやってくるっていうのも、
私の経験上そうだと思っています。

これも、行動ありきで。

だから、行動してやるだけやったら、もう流れにおまかせ。

(そのあとは、神様の采配でベストなタイミングでやってくる。と思いこむのも
くじけずにいる方法の1つかもしれない。)

 

それが執着を手放すということだと思うし、
そのほうが変な力が入らないから
自分の魅力を発揮しやすく、楽しさを感じやすく
叶いやすくなるのだと思う。

 

 

私が作品で伝えている世界観は、
行動してきた自分の経験から感じたこと、

そして

癒しの力が人より強くて
ちょっとだけ直感の能力が発達している
私からのメッセージです。

 

 

色々なことを織り交ぜて書いてしまったのですが・・・・

少しでも何かが伝わったらいいなと思います。

 

そして、

ポンコツでも継続すればここまでできるようになる!ということで

注)わだの氏は、自分ではよくわからないけどポンコツ認定されています。

みなさんの励みに少しでもなったら
原画を250円で売ったあの頃の私は、
未来のネタを作ったということで役に立ったと
喜んでいることでしょう(笑)

 

 

 

Official Website
shop
You Tube
★LINE公式アカウント ↓
友だち追加
月/木は、タイムラインにて【作品メッセージ】配信。


色彩・カラーランキング



↓【SNSでシェア】でわだの氏を応援してね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。