たのしいことしながらいきたい

好きな人たちと楽しいことしながらいきたい

そんなことをふと思いました。

”楽しむ” って簡単に言うけど
心からそれをし続けることは、実はすごく難しいことだと思います。

それは、常識や、周りの目や、なんやら色々あるから。

気を緩めると、すぐマイナスな感情と仲良くしてしまう。

大人ってめんどくせー。
生まれたばかりの頃はこんなんじゃなかったはずだ。

私マイナスな感情に支配されると、本来の声が出なくなるんです。
のどが詰まってる感じになる。
あと、頭がきゅうきゅうに詰まってる感じになる。

 

そんな状態のところに、
良い出来事や希望なんてやってこないわなー。

 

基準はやっぱり”たのしい”だと思う。

その感情は心を満たす。

そうすると、人を巻き込みたくなる。

人にやさしさを分けたくなる。

 

 

ギフトショーでね、上海でイベントのお話が出たんです。

もともと、私の作品を認めてくれている方で、おととしくらい?からかな
直接仕事で関わっているわけではないのだけど
お仕事中に知り合い

わだのさん、もっと大きくなれそうなのに と

なぜか色々気にかけてくださる方がいて。

その方ご自身もイベント運営をされている社長様でございます。

その方が、最近仕事で絡んでいるという海外の方を連れてきてくださり
上海イベントの話が出ました(*´▽`*)

私が進出したいのは、スイスとかニュージーランドとか。
アジア圏にはそこまで興味がなかったのだけど、
目がキラキラしましたよ、私。

やっぱり海外には体が反応します♪♪

海外キーワードがまた私のそばに集まりだしてる。

あとね、わだの文字に注目が集まり始めているようです。
文字の問い合わせも増えてきた。

ヒーリングアートは、関係者はやたら反応が良いですね。
展開させてくのが次の目標だね。

 

私が今、一番楽しさを感じる瞬間は、
デザインの仕事が形になったとき。

私がデザインした商品、そして生み出す作品が全国に、
世界に広がっていくこと。

私が最終的に1本に絞るとしたら、作品。
ここで一番評価が欲しい。

これだけでも、私の中には可能性がいっぱい。

自分で想像できる範囲を決めつけるのはもったいない。

 

私ね、ゼロに戻ってきてるから、すごく今柔軟です。

 

わだのめぐみが大きくなって、
自慢してもらえるようになるのが恩返しですね。

 

すぐには仕事としてつながらなくても、
候補の中にはずっと持っていてくださったり、
タイミングを見ていたりというのも
実は多いことを最近すごく実感しています。

前に蒔いた種が実を結び始めていることがいくつかあるから。

すぐ結びつかなくても、がっかりなんてしなくていい。

自分に必要なことなら、
縁があることなら、
ベストなタイミングでやってくるから。

 

また、自ら証明したぜ(*^^)v

 

 

 

そうそう、前にね、月子さんに

めぐちゃんは、私の活力源だ と言ってもらいました。

うれしかったな。


↓ ランキングに参加しています。
たくさんの人に知ってもらいたいので、1クリックお願いします☆彡

  にほんブログ村 美術ブログ 芸術家へ

♡♡大人気発売中♡♡

そのほか発売商品

LINEで送る
Pocket

まるっこさんの名づけ親

まるっこさんには、名付け親がいるんですよ。

でも、私の記憶も、本人の記憶もあいまい。

本人に至っては、わたしが名付け親だっけ?と忘れてすらいる(笑)

初期の頃、最初はまるっこさんには名前がなくて
呼び名に困りまして。

友達が「まるっこ」ってあだ名みたいな感覚で
呼び始めて
私も呼び始めて、今に至る・・・・みたいな感じだった記憶なのです。

なんか、私のスタートはいろんなことが適当(笑)
パステルの使い方がわからないから、
とりあえず削って指でやってみるとか。
道具がうまく使えないから、
指で色つけるとか。
まるっこは適当にあだ名で呼んでたのがはじまりとか。
なんなら、パステルもプレゼントしてもらって初めて知ったくらいですからね、私。

 

「まるっこさん」でシリーズ化の話があったとき
まるっこという名前がうまれたときのことを思い出して。

なつかしいな~と思って。

で、その名付け親の友達と話していたら
11月の「虹がうまれた」の作品をブログで見たよーと感想をくれたのです。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

自分の光を見つける

最近、ふと思ったことです。

 

自分の中にあるコンプレックスだったり
欠落しているかも・・・って自分で思うような部分。

人と違う・・・・って感じる部分。

そんなところに、自分が放つ光って潜んでる気がします。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

のり氏について考察。

のり氏のすごいところは、

やると決めた以上
どんなに裏側で大変な状況になっていても
それを表で見せない

というところ。

そして、

人にこれを伝えないと、状況が変わってしまうかも・・の判断ができて
それを伝えることができる。

これは、私も当たり前にやるので
お互いの状況認識がきちんとできて、表は何事もないように動いてく。

個展のときがそうでした。

何気に色々ありました。

続きを読む

LINEで送る
Pocket