自分の光を見つける

最近、ふと思ったことです。

 

自分の中にあるコンプレックスだったり
欠落しているかも・・・って自分で思うような部分。

人と違う・・・・って感じる部分。

そんなところに、自分が放つ光って潜んでる気がします。

私に当てはめてお話しをしますと。

 

私は、体的な部分では、今のところ不自由なく生活しています。

心の部分では、HSPであるがゆえの
極端に繊細な部分を持っています。

そして、人と違う感覚をもっていると
自覚せざるを得ない部分も持っています。

私で言うと、心の部分、それこそが

「自分の放つ光だったんだ」

そう、突然思いました。

 

 

私が、なぜ、わだのめぐみの作品を生み出せるのかといえば、
このHSPという心の部分があるから。

もし、HSPでなかったり、
みんなと同じが極端に苦しい、感覚が違うってのがなかったら
この作品は描けないのではないかなと思います。

 

作品では、HAPPYだのSMILEだのしあわせだの笑顔だのと
明るい、癒しのことばを多く描きますが
私の作品を生み出す根っこにあるのは、
せつない、陰の気持ちです。

私自身が、楽しい、ハッピー、人類みな友達♡、わいわい~~~♡みたいな
太陽のような人間ではないから
この雰囲気がでる。

奥を見ようとする性質を持っているから。

人が気付かない部分にやたら気づく、感じ取るのはHSPの特徴でもある。

マイナスな言い方をすると、人が流せることを、受け止めてしまい傷つく。

”普通”に溶け込めないこの性質を強く持つから
スルーされそうな言葉たち、
当然のようにそこにあった言葉たちが大事
シンプルなことほど大事と感じ、
そこを伝えようとしているのです。

HSPである私は、いろんなことを敏感に感じ取ります。

小さい頃は、みんな何も悩まず感じず普通にできてるのに、
私にはできない。いつも最後。ってことで
登校拒否までした繊細さです。

大人になってからもそれには悩まされました。
大人になってからは、逃げるという形で現実逃避しました。

でも逃げて”なかったこと”にしようとするから、
「私はなんでこんなダメなんだ。みんな出来てるのに」って感情が生まれてきます。

 

はじっこでひっそり目をだした双葉に乗っかってるまるっこ

そこで飛び跳ねて、自分の世界で楽しんでいるまるっこ

私はそんなような人です。

 

私の作品に惹かれる人は、
わだのめぐみの中にある陰の部分、根っこの部分を
無意識に感じ取って
自分の中にある陰の部分と共鳴しているのかもしれないですね。

 

私は、無意識でいるときの、人の横顔が大好きなんです。

心の奥に触れられそうな気がするから。

”この人の陰の部分はどんなだろう”って思って
横顔に惹かれるのです。

カラーセラピーにも少し通じてきますが、
ネガティブな部分を見てみる、気づくことで

自分の中の苦しい部分に、

実はあなたしか放てない光(=自分にしかできないこと)

自分をプラスに変えられる要素を持ってるなにかがあるかもしれない。

私はそんな風に思いました。

 

私が、HSPを自分の中で武器に変えたように。

 

 

 

HSPで検索してわたしのブログに飛んでくる方が結構います。

でも、コメント欄閉じてしまいました。

私は、HSPの方たちの悩める気持ちを受けとめる度量はありません。

作品から、活力になる何かを、癒しになるなにかを
みんなが感じ取って、
それが結果、セラピーになればいいなと私は思っています。

「HSPは、武器に変えることはできるんですよ。」
私が言えるのはそれくらいです。

 

 

 

 

心の奥底にある想い。
もう一度眺めてごらん。

sp

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す