作品にこめた、メッセージ

アベニュー諏訪ふれあい広場店へプレゼントさせていただいた作品♡

こちらのキャラクターをわだのめぐみアレンジでコラボして作りました。

 

(作品に込めた想い)

ハートはみんなの心。

まるっこさんは、お店に集まるお客さまのえがお。

そして、スタッフさんのえがお。

りんごちゃんたちは、ハートの中から

みんなのえがおを眺めています。

 

オレンジは、人とのつながりを表す色。

人のあたたかさ、人を楽しませる、仲間、喜び、至福、特別な日・・・

そんな「あたたかい」キーワードをたくさん持つ色。

 

「あなたのえがおをいつも見せてくれてありがとう」

このお店に来たら、えがおになれる。

そんな想いを込めて・・

アベニュー諏訪ふれあい広場店はえがおの集まる場所。

 

 

イベントをやってみて思ったけど、実際その通りだったよ。

 

りんごちゃんを私の作品とコラボさせてほしいとのリクエストをいただいて
イメージをSさんに聞いたとき
私の頭から離れなかったキーワードは「えがお」だったんですね。

「人の笑顔」「集まる」

それで浮かんできた構図。

オレンジはあえて考えて使いました。

カラーセラピーをわだの流にお守りになるように混ぜたよ。

この作品を描き始めた時、私の中で「お守り」ってワードも出てきたんです。

お店のお守りになるようにしたかったのです。

だから、あえて色は意識した。

 

 

イベント前にお店に伺ってお店の雰囲気は見ていたけど

瞬間で私が無意識に感じ取ったものって自分が覚えていなくても
イベント前に作った作品に込めたものと
イベントやって感じた雰囲気、
前と後でちゃんとつながってたじゃんって今書いてて思いました。

 

だから、【自分の感覚を信じる】ってすごく大事だと思いませんか?

頭で考えるのではなく、感じ取ったもの、心が感じたもの。

極端に言ってしまえば、自分の感じたものがすべて。

人から言われたこと、みんなが言ってることって
それぞれの感覚なわけで
それを100%信じて支配されるとか、自分の感覚を信じないって怖いことじゃないですか?

誰を基準に生きているの?っていう・・・・

心が感じたものを、叶えてあげるためにあたま(思考)ってあるのでは?って思うんですよね。
カラーセラピーのセッションでもよくお伝えしていることなのですが。

心が感じたもの1つ1つの感情を、
あたまで押さえつけたり、無視してるから苦しくなるんじゃないかと。

私がブログで良く「自分と向き合う作業」って言ってるのはこのことです。

心の奥にある感情を拾ってきますといったのも、それです。

言い方の表現が変わったり、カラーセラピーを通したりもしてるけど
このことって初期からずーっと作品を通して言ってることです。

自分が感じる”好き”な気持ちを大事にしてねって。

2016の4月の個展では、それは自分に向けても言ってたし
作品にも強く出てたと思います。

自分の中で半年休んだ後の個展で
第二章だって思うもすごく強かったから
あのときの気持ちをすごく覚えています。

初期の伝え方は、
私が絵を楽しんでやっている姿を通してそれを感じ取ってほしいって言ってたと思う^^

 

 

話がそれちゃったけど

実はこの作品も直前まで描きませんでした。

「よし、描こう」って気持ちが出てきた瞬間がいいものが生まれるので。

私の傾向として、納期ぎりぎりで追い詰められてくると
いいものが出てくるっていうのがあるんですよ。

ぎりぎりの状態だと、もう逃げられないから自分とつながる集中力が増すというか。

私は、毎日ちょっとずつやっていくというよりかは直前に一気にやるほうが
良いものが生まれるタイプなのです。

個展の作品とかもそうでしたね(笑)
数か月前から描きためるというよりかは、
直前に込めたい想いでがーっと一気に作る。

過集中タイプ?(笑)
ライブペイントもその傾向だよね。

 

 

 


♡♡大人気発売中♡♡

そのほか発売商品


コメントを残す

CAPTCHA