【11月個展】ストーリー#1

 【虹がうまれた】~私の小さなストーリー~

原案
(絵本仮題名)「こはなちゃんと虹の花」 ストーリー作家 のり

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3_20161005


#1

みんなの中で、ぽつんと1人。

赤や青、緑や紫、ピンク、黄色の花や葉っぱが
頭に咲いているみんなの中に
困った顔をした こはなちゃん が1人います。

こはなちゃん、今までは、自分の頭の上のお花に色がないこと
悩んだことも気にしたこともありませんでした。

これが、”普通”。
これが、”こはなちゃん”だったから。

でも、ある時。
みつばくんに言われます。

「なんで、こはなちゃんのお花には、色がないの?
どうしてみんなと違うの?変なの・・・」

みつばくんが言うと、みんなも口々に言いました。

「どうして色がないの?なんで?」
「こはなちゃんみたいに色がない子、見たことないよ。」
「みんなと違ってて変なの!」

みんなはこはなちゃんを避けるようになっていきました。

こはなちゃんが「おはよう!」って言っても
誰も返事をしてくれません。

聞きたいことがあっても、目を合わせてくれません。

みんなが遊んでいるところに、「入れて」と言っても
誰も入れてくれません。

 

生まれた時から、頭のお花に色がなかったから。
なんで色がないかなんて、こはなちゃんに分かるはずもありません。

「どうして、お花に色がないだけで、みんな話してくれなくなっちゃうの?
色がないってそんなに悪いことなのかな」

みんなと違うこはなちゃん。
本当はどんな子かわかりません。

 

自分たちとは違うからわからない不安。

「知らない」と最初は拒否してしまう。
だって怖いから。

自分の中の「知らない」に反応してる。

でもそれって、「知らない」んじゃなくて
相手を知ろうとしていないってことなのを
みんなは気づきません。

 

こはなちゃんは、みんなから孤立していきました。


 

次回もおたのしみに♡

個展タイトルは、わだの氏が考えたものです♪
タイトルに込められた意味も一番最後にお話しします♪

コンセプトは、のり氏の話から私が感じ取ったものを
文章にしました。
一部 ”のり氏からの視点”が欲しい部分は、
考えてもらい、のり氏の言葉になっています。

実は同じような感じでエピローグもあるのですが、
それも同じように作ったのですけどね、

「なんでわかるの?テレパシー??
神がかってるんだけど!!!」
という言葉いただきましたー(笑)

のり氏の気持ち、言いたいことが見透かされたかのように
まんま文章化されてたもようです。

私の直感力とHSPが合わさって
最大発揮された瞬間でした♪♪

 

個展
「虹がうまれた」
~私の小さなストーリー~

日時:11/14~28 10:30~19:00
(初日open13:00を予定)
場所:四谷三丁目のギャラリー

●おはなし会開催 詳細

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す