【11月個展】ストーリー#3

 【虹がうまれた】~私の小さなストーリー~

原案
(絵本仮題名)「こはなちゃんと虹の花」 ストーリー作家 のり

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3_20161005


#3

お日さまにもらったぽかぽかの気持ちを抱きながら
黄緑色の草原の一本道を歩いていくと
風に乗って何かが聞こえてきました。

♪♪ ふわりゆられてふわふわり~
ゆらりゆられてほわほわり~ ♪♪

その心地良いメロディーに向かって
歩いていくと青い青いお花畑がありました。

その歌はどこからだろうと辺りを見回すと
こはなちゃんは、双子のお花に出会いました。

にこにこ笑顔で双子のお花は歌って踊る。

風を身にまとい、揺れる様子にうっとりするこはなちゃん。

「わたしは、ふわり。
透き通る声で歌うのが自慢なの!」

「わたしは、ほわり。
ねえ、歌に合わせて踊るわたし、素敵でしょ?」

笑顔が可愛いふわりとほわりは、とてもそっくり。

花びらの色が青色と藍色のほんの少しの違い以外は
ほとんど見分けがつかないくらい。

ふわりとほわりは、こはなちゃんに言います。

ふわり「ねえねえ、あなたに聞いてほしいの。わたしの歌。」
ほわり「違うわ、わたしの踊りを見てほしいのよ」

こはなちゃんにぐぐいっと詰め寄る2人。

ふわりとほわり、2人の歌とダンスはとても素敵なのに
なんだか2人は喧嘩しているみたい。

ふわり&ほわり「どっちが素敵かをあなたに決めて欲しいのよ!」

2人がここまで言うのには、何か訳があるのかもしれません。

「どうしてどっちかに決めなくちゃいけないの?」

こはなちゃんんは2人に聞いてみました。

ふわり「だって、今まで森のくまさんやお空に浮かぶ雲さんは、
 わたしの歌が素敵って9人が言ってくれたの!」

ほわり「でも、あなぐらのうさぎさんや春風さんは、
    わたしのダンスが素敵って9人が言ってくれたわ!」

ふわり&ほわり
「次に会ったあなたがた決めてくれたら、
 どっちのがより素敵か決まるのよ!!
 いつも間違えられたり、どっちも一緒って言われることが悲しかったの。
 ふわりは歌うことが得意で、ほわりはダンスが得意で、
 ちっとも一緒じゃないのに・・・・
 みんなは全然見てくれないの。
 だから、ちゃんと わたし・わたしを見て欲しかったの!!」

叫ぶように言いました。

そっか・・・
わたしは、みんなとは違うって仲間に入れてもらえなくて悲しかったけれど
ふわりとほわりは自分自身を見てもらえなくて
寂しくて悲しい気持ちになっていたのね。

♪♪ ふわりゆられてふわふわり~
ゆらりゆられてほわほわり~
愛の花咲くこの日から
夢が繋がるこの日まで
心ひろがるこの気持ち
愛を伝えるあなたまで
ふわりゆられてふわふわり~
ゆらりゆられてほわほわり~ ♪♪

こはなちゃんは、2人の歌声とダンスで
元気になっていることを感じていました。

2人の前に立ったこはなちゃんは、笑顔で2人を見つめて言いました。

「わたしは、ふわりのやわらかくて、心があったかくなる歌が好き。
ほわりの見ていて心がウキウキするダンスが好き。
どっちのがいいじゃなくて・・・・
どちらも1番素敵なの。
2人一緒じゃなきゃダメなのよ。
それにね、わたし、2人を見ていて元気をもらったの。
あなた達が歌とダンスを見せてくれたおかげよ。
ふわり、ほわり、大好きよ!」

「どっちかだけがいいんじゃない。
どっちも1番素敵・・・・
その言葉が私たちはずっと聞きたかったんだわ。
こはなちゃんありがとう」

ふわりとほわりは、嬉しくなって
両側からこはなちゃんをぎゅっと抱きしめました。

すると、ぽんっと音がして
こはなちゃんの頭の花びらの1枚が青色に
1枚が藍色になりました。

「ふわりとほわりから幸せのおすそわけね。ありがとう。」

お日さまの赤色、ふわりの青色、ほわりの藍色に色づいた花弁を
こはなちゃんは、そっとなでました。

次はどんな色に色づくか楽しみになってきました。


 

 

個展
「虹がうまれた」
~私の小さなストーリー~

日時:11/14~28 10:30~19:00
(初日open13:00を予定)
場所:四谷三丁目のギャラリー

●おはなし会開催 詳細

LINEで送る
Pocket